MENU

円形脱毛症で病院の外来に通っています・・・体験談を紹介

 

円形脱毛症で悩んでいる方も多いといわれています。
ストレスやアレルギー反応などが原因とされる円形脱毛症には、残念ながら育毛剤の効果は低いとされています。
ここでは、円形脱毛症ができて病院に通っている方の体験談をのせています。

 

どういった治療が受けられるのか、検査や薬の費用など、参考になればどうぞ。


 

 

 

円形脱毛症で毛髪外来に行った方の体験談

40代主婦です。
パートで働いていた2年前、洗髪のたびに抜け毛が多いことに気が付き、 変だな?と思っていたら、1週間もしないうちに円形脱毛の箇所を見つけました。

 

みるみると広がってしまい地元の皮膚科に行きましたが、1ヶ月もしないうちに全体的に地肌がすけるようになってしまいました。

 

 

最初の皮膚科での治療について

地元の皮膚科では、「フロジン外用液」という皮膚の血行をよくする塗り薬をもらい、 脱毛した部分に塗布。

 

この薬は、 円形脱毛症になったことのあるママ友や親せきに聞いた所、効果があったといっていました。

 

しかし、 私には効き目がなく、さらに脱毛が進んだので根本的な原因を調べるために大きな病院を紹介してもらうことになりました。

 

指定された3か所の病院のうち、通院者の口コミや皮膚科の先生の助言をうけて、 県内の大学病院を紹介してもらいました。

 

大学病院を選んだ理由

  1. 仕事や家事、子どもの学校行事などを考え、自分が通いやすいところ。
  2. 自分の希望する治療を選択させてくれるところ。
  3. 口コミなどを読み、自分で納得できそうなところ。

この3点を考えて病院を選びました。
やはり通いやすさが一番気になりましたね。

 

大学病院での治療について

大学病院では、初診ではまず問診があり、紹介状と照らし合わせながら さらに詳しくこれまでの経緯などを話しました。

 

その後、脱毛の原因を調べるために血液検査、尿検査などをうけました。

 

 

2回目の診察から担当の先生が決まり、女性の先生になりとても気持ちが楽に話せました。

 

内科的には腎臓と肝臓の数値がふつうの人よりは悪く、エコーなどもうけて調べてもらいました。

 

結果、内臓にはとくに大きな問題はなく、
「自分の免疫で自分を攻撃しているアレルギーのようなもの」と診断されました。

 

そのときにはもう髪の毛は全くない状態でしたが、
同じ症例の患者も多いこと、
これからの治療方針についてどうしたいかなどをじっくりと時間をかけて納得のいくまで話しました。

 

主な治療方法について

治療方法としては、ステロイド外用・抗アレルギ−剤の内服・紫外線療法・局所免疫療法などがあげられました。

 

@ステロイド外用は、脱毛箇所に直接ステロイド剤を注射する方法や、
パルス療法と言って、数日間入院してステロイド剤を集中点滴して体質改善を促す。

 

A抗アレルギー剤の内服は、花粉症治療などに使う内服薬と同じようなもの。

 

B紫外線療法は、紫外線照射で発毛を促す。

 

C局所免疫療法は、わざとカブレを起こす薬を塗って、毛根に集まって攻撃している免疫の働きを改善する。

 

簡単に説明するとこんな感じでした。

 

腎臓と肝臓の数値がやや弱っていたので、ステロイド剤の点滴は止めておこうとなり、 外用薬や内服薬をためすことになりました。

 

かかっている費用について

料金は診察代が800〜5000円くらい。検査などが重なると高くなります。
薬代が2000〜3500円くらいです。薬はたまに保湿剤や胃薬をもらっています。

 

治療の経過観察

 

1ヶ月目・・・デルモベートスカルプローション(ステロイドの外用薬。炎症をしずめ、短期間で皮膚炎をおさえる)

 

2ヶ月目・・・デルモベートスカルプローション、アレジオン錠剤(ヒスタミンの受容体をブロックし、アレルギー症状を緩和)
血液検査の結果数値が悪くなっていたので、アレジオンを中止しました。

 

3ヶ月目・・・デルモベートスカルプローション、セファランチン(抗アレルギー作用のほか、血流促進作用、免疫機能増強作用など)、アレグラ
血液検査の結果も変わりなく、以後セファランチンとアレグラは1年以上続けています。

 

4ヶ月目・・・発毛がないため、デルモベートを止めてSADBEによる局所免疫療法に変更。
まず、腕の内側でパッチテストを行い、3日後にどの薬品濃度で塗布するかを決定。
カブレが酷いので、一番薄い濃度でまず1ヶ月様子をみました。

 

5ヶ月目・・・部分的に発毛箇所がでてきました!いま1ヶ月に一度通院して塗布しています。

 

 

まとめ

 

円形脱毛症は一部分だけ毛がなくなる・・・といったイメージがありますが、
実際に最初は小さくともどんどん広がってしまい、毛がなくなる・薄毛になってしまう症状のかたも多いそうです。

 

原因も人により様々なので、検査や治療法が決まるまでに時間がかかってしまうのが現状です。

 

気がついた場合はすぐにお医者さんに相談に行きましょう。
かかりつけ医に相談してから大きな病院にかかっても良いですし、最初から専門医に相談するとよりスピーディな治療が受けられるかと思います。

 

女性の薄毛治療クリニックの口コミについて

 

 

脱毛症の種類(女性に多い薄毛タイプ)

 

 

関連ページ

びまん性脱毛症
女性の薄毛に多いびまん性脱毛症について。どんな症状があるの?10代でもなる?治療方法や薬は?おすすめできる育毛剤や病院についてをまとめました。
脂漏性脱毛症(脂漏性皮膚炎)ベタつくフケと抜け毛のカンケイ
べたつくフケとともに抜け毛が増える場合、脂漏性皮膚炎の疑いがあります。脂漏性脱毛症の特徴や症状、対策、シャンプー法などをまとめました。
粃糠性脱毛症(ひこうせいだつもうしょう)
乾燥したフケが大量発生、抜け毛が気になるのなら粃糠性脱毛症かもしれません。ひこうせいだつもうしょうの症状や対策、おすすめシャンプー選びをまとめました
細毛・髪が痩せた女性向け・・・髪の毛を太くするための7つの対策方法
以前より髪が細くなった、痩せてしまう・・・そんな悩みを持つ女性向けに、細毛化の原因やその対策方法についてまとめました。

悩み別 女性育毛剤の選び方

びまん性脱毛症 脂漏性脱毛症 アルコールフリー育毛剤

女性に一番多い!

>>クリック


ベタベタしたフケ

>>クリック

アルコールフリー

>>クリック

産後育毛剤ランキング 40代向け育毛剤ランキング 50代向け育毛剤ランキング

産後の抜け毛

>>クリック

40代向け

>>クリック

50代向け

>>クリック

頭皮のトラブル


頭皮のトラブル



女性育毛剤 成分解析&スペック採点表



育毛シャンプー人気ランキング






このページの先頭へ